会社コードメッセージ番号F5155で得意先仕入先の無許可

無金額認証エラーメッセージF5155

会社コードで得意先仕入先のエラー額承認が得られない場合は、トランザクションOBA3の得意先仕入先許容範囲のカスタマイズで許容範囲が設定されていない可能性があります。

このSAP FICOエラーは、SAPシステムのトランザクションコードOBA3に移動し、対応する会社コードの新しい許容範囲を定義することで解決できます。エラーの詳細な説明、および承認なしエラーメッセージを解決するための詳細な説明を参照し、SAPインターフェースの対応するテーブルにアクセスしてください。その後、会社への会社コードの割り当てと国への会社コードの割り当てを進めることができます。

会社コード内の得意先/仕入先に対する無償承認TPL1メッセージ番号。 F5155
会社コードに得意先/仕入先の金額承認がない。 F5155
得意先/仕入先に対する金額承認問題
FB70:会社コード4300の得意先/仕入先に対する金額承認なし

メッセージ番号F5155

会社コード内の得意先/仕入先に対する金額承認はありません。

診断:割り当てられているユーザグループの会社コードTPL1に、得意先/仕入先明細に対する金額承認が指定されていません。

ユーザグループに明示的に割り当てられていない場合は、そのグループへの金額承認( "")が有効です。

手順:正しい会社コードを入力した場合は、テーブルT043(ユーザグループ)および/またはT043T(会社コード権限)の更新を開始してください。

顧客ベンダーの許容範囲を定義する

トランザクションコードOBA3を開きます。また、SPROカスタマイズ取引で財務会計>売掛金および買掛金>業務トランザクション>支払>マニュアル支払>を選択して許容範囲を定義します。

ここで、特定の会社コードと請求書の作成に必要な許容範囲グループに定義された許容範囲がない場合は、新しいエントリをクリックして顧客または仕入先の新しい許容範囲を作成します。

新しい公差記入

トランザクションOBA3では、正しい会社コードを入力し、許可された支払差額に対してパーセントを付けることが重要です。

請求金額が正確に正しくない場合、これにより、金額がその許容範囲と異なる請求書を作成することができます。

許容誤差グループを入力することはおそらく必要ではないでしょう、それは後でいくらかの誤りにさえつながるかもしれないので。

新しく入力された許容範囲を保存した後、許容範囲を登録するためにシステムによってカスタマイジング要求が要求されます。

許容範囲は適切に保存され、会社コード設定に基づいて通貨がシステムによって自動的に取得されます。

会社コードに金額許容範囲が入力されていません

金額の許容範囲が入力されていない場合は、トランザクションOBA3に進み、問題に直面している会社コードに新しい許容範囲を登録します。

許容誤差には許容誤差グループを定義しないでください。トラブルの原因となる可能性があります。

ただし、許可されている支払い差額の割合は入力する必要があります。

SAP請求書テーブル

The main SAP請求書テーブルs are the following:

RSEG伝票明細:請求書受領、

RBKP伝票ヘッダ:請求書。

SAP請求書テーブルs

SAPの仕入先マスタテーブル

SAPの主要仕入先マスタテーブルは以下のとおりです。

  • LFA1仕入先マスター(一般セクション)

  • LFB1仕入先マスタ(会社コード)

  • LFAS仕入先マスター(VAT登録番号一般セクション)

  • LFB5仕入先マスタ(督促データ)。

得意先、品目、仕入先のマスタデータテーブル

SAPの品目マスタテーブル

SAPの主要品目マスタテーブルは以下のとおりです。

  • MARA品目マスタ 基本データ

  • MARC品目マスタ プラントデータ

  • MARD品目マスタ 保管場所データ

  • MBEW品目マスタ 評価データ

  • MVKE品目マスタ 販売データ。

品目マスタテーブルの一覧

SAPの会社コードとは何ですか?

SAPの会社コードは財務会計の最初の組織単位です。ここでは、貸借対照表、損益計算書、その他の重要な財務報告などの計算書が作成されます。会社コードを設定せずにSAPシステムを使用することはできません。

SAPの会社コード顧客マスターはT001であり、SAP FICOの一部です。

その他の関連するSAP会社コード表は、LFB1ベンダーマスターとKNB1カスタマーマスターです。

SAPで会社コードを登録する方法FICOでの会社コードの定義
SAP FICOで会社に会社コードを割り当てる
SAP FICOの国に会社コードを割り当てる

ビデオでの非技術者向けSAP HANAの概要

類似の記事


コメント (0)

コメントを残す