SAPで仕入先請求書を作成しているときに、問題の残高がゼロでないことを解決する



仕入先請求書の作成中に残高がゼロでないエラー

SAPシステムでのサプライヤ請求書の作成中に、ゼロ以外のエラー残高が発生する場合があります。 FIORIインターフェースでも、エラーは次のように説明されます。

  • 診断:システムは借方と貸方の違いを発見しました。違いは、設定された許容範囲外です。
  • システムの応答:システムは文書を投稿できません。
  • 手順:オンラインでドキュメントを処理しているときにこのメッセージが表示される場合、ドキュメントを投稿できるようになるまで、金額を変更したり、新しいアイテムを入力したりできます。請求書検証タイプを変更して、後でバックグラウンドでドキュメントを投稿できるようにすることができます。ドキュメントがバックグラウンドで検証されたときにこのメッセージが表示された場合、ドキュメントを処理できるようになりました。

このエラーが発生した後、SAPサプライヤ請求書を送信するには、以下のガイドに従ってください。

MIRO バランスがゼロではない authentication not working

サプライヤー請求書残高チェック

左上隅にあるサプライヤ請求書作成のSAPFIORIインタフェーストランザクションを確認することから始めます。残高が正しくない場合、請求書の残高は赤で表示されます。

まず、総勘定元帳勘定科目タブを開きます。

そのタブで、プラスアイコンをクリックして、請求書の新しい総勘定元帳勘定科目を作成します。

請求書で使用する適切な総勘定元帳勘定を見つけるには、検索機能を使用します。

総勘定元帳勘定が選択されたら、明細行で元帳について考慮する正しい金額を入力します。

次に、Enterを押して変更をSAPシステムに処理させます。金額が正しい場合は、仕入先請求書作成の左上隅の残高が緑色に変わり、請求書を作成できるようになります。

ビデオでの非技術者向けSAP HANAの概要





類似の記事

会社コードメッセージ番号F5155で得意先仕入先の無許可

会社コードメッセージ番号F5155で得意先仕入先の無許可

会社コードで得意先仕入先のエラー額承認が得られない場合は、トランザクションOBA3の得意先仕入先許容範囲のカスタマイズで許容範囲が設定されていない可能性があります。


コメント (0)

コメントを残す