G / L勘定の必須項目であるエラー項目値日付の解決



要求されたエラーフィールド値日付の解決

SAP FIORIアプリケーション作成サプライヤ請求書では、エラー項目値日付はG / L勘定の必須項目です。

これは、設定でそのフィールドステータスグループにフィールド有効日が必須として設定されていることを意味します。フィールドが本当に必要でない場合は、修正する必要があるかもしれません。

項目値日付は必須項目エラーです

エラー項目値日付はG / L勘定診断の必須項目です。財務会計へのインタフェースの項目値日付の値は初期値ですが、G / L勘定11001040の項目選択に入力する必要があります。キー40を転記するための項目選択にリンクされた会社コード1010。

手順:G / L勘定項目選択の設定にエラーがある可能性があります。インタフェースの呼び出しに使用される最初のアプリケーションは、それ以外の場合はフィールド値dateの値を定義する必要があります。このような場合は、インタフェースの呼び出しに使用されたアプリケーションを担当するコンサルタントに連絡するか、または直接SAPに連絡してください。

勘定コード項目ステータスグループの検索

その問題を解決するための最初のステップは、G / L勘定に関連する項目ステータスグループを見つけることです。

これを行うには、SAPメニューツリーで、会計管理>財務会計>総勘定元帳>マスタレコード> G / L勘定>個別処理> FS00の下にあるトランザクションFS00を集中的に開きます。

トランザクションに入ったら、問題が検出された総勘定元帳勘定科目の詳細を開きます。必須フィールドには実際には必須ではありません。

詳細を調べるには、総勘定元帳番号と会社コードを入力します。

総勘定元帳の詳細に入ったら、create / bank / interestというタブを見つけます。

そこでは、フィールドfield status groupで値を調べ、それを書き留めます - この情報は後で必要になります。

ビューフィールドステータスバリアントの変更

次のステップでは、カスタマイゼーショントランザクションOBC4を開き、ビュー項目ステータスバリアントを変更します。そのトランザクションでは、特定のフィールド状況グループに対してどのフィールドが必須かどうかを決定することが可能です。

左側のメニューで適切なオプションを選択して、メニューフィールドのステータスグループに直接移動します。

項目ステータスグループに入ったら、前のステップの総勘定元帳詳細で見つかった項目ステータスグループを見つけます。

ダブルクリックして詳細を開き、フィールドステータスグループを更新します。

OBC4で項目ステータスグループを更新

次に、フィールドを変更する必要があるフィールドステータスグループに対応するセクションを見つけます。この例では、SAP FIORIインターフェースで新しいサプライヤー請求書を作成しているときにエラーが発生したため、これは支払いトランザクションになります。

次に、項目ステータスグループ更新で、正しい項目に対応する行(起算日など)を見つけ、それを現在の値(おそらく入力が必須)から別の値(オプションの入力など)に変更することによって、項目値を変更します。 。

フィールド値日付の必要性を任意入力に変更しましょう。

保存ボタンを押して、システムに変更を保存できるようにカスタマイジング依頼を入力します。

その後、下部の通知トレイのメッセージで確認されているように、データを保存する必要があります。

画面がトランザクションOBC4の項目ステータスグループの一覧に戻ります。

SAP FIORIインタフェースで、サプライヤ請求書の作成を続行できるようになりました。

ビデオでの非技術者向けSAP HANAの概要





類似の記事

SAPエラーの解決方法会社コードが存在しないか、または完全に更新されていません。

SAPエラーの解決方法会社コードが存在しないか、または完全に更新されていません。

エラーM3150が発生した場合、たとえばトランザクションMM01での品目登録時などに会社コードが存在しないか、または完全に更新されていません。根本的な原因は、会計期間が設定されていないことです。


コメント (0)

コメントを残す