SAPでカスタマイジング依頼を登録する方法

SAPでカスタマイジング依頼を登録する方法 [日本語]

SAP指定カスタマイジング依頼

システム、特にSAPカスタマイジングトランザクションコードSPROカスタマイゼーショントランザクションで重要な変更を行う場合は、変更を保存するためにカスタマイジング依頼を入力する必要があります。変更は後で他のシステムに転送する必要がある可能性があります。

ユーザーに要求がない場合は、次に示すように要求を作成する必要があります。

カスタマイズ要求の指定エラー

カスタマイズ要求のプロンプトでエラーTK136がスローされた場合は、正しい要求が提供されていないためです。

システムで許可されている場合の解決策は、要求をカスタマイズするためのプロンプトに進み、「独自の要求」>「要求の作成」を選択することです。

カスタマイズ要求を作成する

依頼作成トランザクションで、必要な情報を入力します。依頼の説明、最終的なプロジェクトの割り当て、ターゲットを設定し、最終的な他のユーザーを要求に入力します。

カスタマイジング依頼

カスタマイズ要求が作成されたら、プロンプトを検証してカスタマイズトランザクションを進めることができます。

ワークベンチとカスタマイジング依頼の違い

ワークベンチ要求には、リポジトリー・オブジェクトと、クライアント間カスタマイズ要求の両方が含まれています。それらはABAPワークベンチオブジェクトを変更するために必要です。

カスタマイジング依頼には、クライアント固有のカスタマイジングに関する情報が含まれています。

ビデオでの非技術者向けSAP HANAの概要

フォトギャラリー

類似の記事


コメント (0)

コメントを残す