SAP:材料が存在しないか、有効化されていませんM3305



SAPエラーM3305を解決する

たとえば、調達ライフサイクル管理の一部として見積依頼の作成中に材料番号を使用しているときに、SAPシステムによって材料が存在しないか、有効化されていないというエラーメッセージM3305がスローされることがあります。

SAPエラーメッセージM3305:材料が存在しないか、有効化されていません

この場合、パニックに陥らないでください。以下に示すように、単に現在の組織に対してマテリアルマスタービューが開かれていないことを意味する場合があります。

または、材料が存在せず、グローバルな運用調達プロセスのSAP材料管理の一部としてSAPで材料を作成する必要があることも意味します。

資料を他の組織に拡張する

対応するプラント、販売組織、またはその材料に対して開かれているが現在のニーズには存在しないその他の関連組織を意味する、別の組織の既存の材料を有効化するには、SAP在庫管理MM02のトランザクションを開きます。

トランザクションで、品目コードを入力し、Enterを押して続行します。その後、開くのに必要なビューを選択できます。この場合、SAP見積プロセス中に欠落しているビューでは、資材所要量計画のMRP 1ビューを対応するプラントに拡張するだけです。

組織レベルの選択

拡張するMRP 1ビューを選択した後、材料を拡張する組織レベル、この場合は材料を管理する適切なプラントと保管場所を選択する必要があります。

必要に応じて、SE16Nトランザクションを使用して材料に対して開かれた現在の材料マスタビューを確認し、必要なビューを入力して、見逃したビューがまだ作成されていないことを確認し、Enterキーを押して続行します。

マテリアルビューを作成する

次に、指定された組織単位で、品目のMRP1ビュー作成を入力します。

ここで、材料に必要なすべてのフィールドに入力します。これには、もちろん必須フィールドだけでなく、業務に必要なフィールドも含まれます。

これが完了したら、[保存]をクリックしてマテリアルマスタービューを作成し、それに応じてマテリアルを拡張します。

すべてがうまくいく場合、材料が作成されたこと、つまり特定の組織単位で欠落しているビューが作成されたことを通知する確認メッセージが表示されます。

この場合、見積作成のリクエストなど、他の操作を続行することが可能になりました。





類似の記事

SAPでBOMを変更する方法

SAPでBOMを変更する方法

SAPトランザクションCS02の品目BOM変更で、SAPのBOMを簡単に変更することができます。コンポーネントは、そのtcodeを使用して追加または削除できます。


コメント (0)

コメントを残す