テーブルT169P:エントリが存在しません

テーブルT169P:エントリが存在しません [日本語]

テーブルT169P:エントリが存在しません

入庫購買発注登録の処理中に出庫テーブルT169Pエントリが存在しない場合は、購買発注の会社コードが正しい請求書テーブルT169Pのステータスの自動変更に設定されていないことが原因と考えられます。したがって、発注書の作成時にエラーが発生します。

それを解決するために、トランザクションSM30を使用してテーブルT169Pに会社コードの新規エントリを追加します。

テーブルT169P:エントリ1000は存在しません
MIROテーブルT169pのエラー:エントリ2807が存在しません

残念なことに、エラーメッセージM8100、テーブルT169Pのエントリは存在しません。発注書の作成時にどの会社コードに問題があり、どのテーブルに問題があるのか​​を伝えることを除いて、詳細な説明はありません。

テーブルT169Pパラメータ請求書照合

そのエラーを取得し、トランザクションSE16Nで表示するためにテーブルT169Pを開いた後、発注書を作成しようとしている会社コードが設定されていないこと、そしてそのテーブルにエントリを作成する必要があることは明らかです。

登録するには、トランザクションSM30でテーブルT169Pを開くか、カスタマイジング画像SPROにアクセスして、在庫/購買管理>ロジスティクス請求書照合>バックグラウンドでの請求書照合>自動ステータス変更の定義を選択します。

テーブルT169Pパラメータ請求書照合を更新できる正しい請求書修正トランザクションのステータスの自動変更で、会社コードが見つからない場合は、新規エントリボタンをクリックして新しいエントリを追加します。

その画面から既存のエントリを使用して新しいエントリにコピーすること、または既存の請求書照合エントリを削除することもできます。

次に、請求書照合手順が設定されていない会社コードを追加して新しいエントリを追加するだけです。

それ以上の変更は不要で、以前はテーブルに表示されていなかった会社コードのエントリを追加するだけです。

システムのカスタマイジング変更を進めるには、カスタマイジング依頼が必要です。

請求書照合パラメータを設定した後、入庫購買発注登録をトランザクションMIROで続行することができます。うまくいけば、これ以上エラーは発生しません。

類似の記事


コメント (0)

コメントを残す

SAP PURトレーニング - 無料試用版のSAP S/4 HANAトレーニング
SAP PURトレーニング - 無料試用版のSAP S/4 HANAトレーニング
 
SAP PURトレーニング - 無料試用版のSAP S/4 HANAトレーニング
SAP PURトレーニング - 無料試用版のSAP S/4 HANAトレーニング