SAPで保存場所を作成する方法



SAPで新しい保管場所を作成する方法

SAP SLOCとも呼ばれるSAPで新しい保存場所を作成するには、エンタープライズ構造>定義>在庫/購買管理>保管場所の更新で、カスタマイジングトランザクションSPROが出発点になります

基本的な保管場所がSAPテーブルT001Lに格納され、プラントあたりのビューがテーブルMARDに格納されるため、所与の構造に対して保管場所SAPを維持するためにプラントが必要です。

既存のストレージの場所が表示されます。テーブル内の値を変更して変更を保存するだけで、既存のストレージの場所が更新されます。それらはそこから削除することも、要求どおりに複製することもできます。

新しいエントリを追加するには、「新規エントリ」ボタンを選択します。

変更が動的に保存されないため、必要な保管場所を入力し、変更を保存してSAPシステムに適用します。

必要な数のストレージ・ロケーションを入力することができます。また、作成するストレージ・ロケーションのリストが長い場合には、それらを直接表に貼り付けることもできます。

SAPで新規保管場所を登録するには、カスタマイジング依頼が必要です。この変更が後で他のシステムに正しく移送されるようにするために必要です。

選択したプラントの一覧に新しい保管場所が表示され、SAPテーブルMARDに新しい保管場所が登録されました。

SAPの格納場所のリスト

SAPでは、格納場所のリストを取得するには2つの方法があります。

最初の方法は、SPROを経由して保管場所の保守プログラムにアクセスし、保管場所を表示するプラントを選択することです。

2番目の方法は、対応するSAPテーブルT001Lを開いて、保管場所の一覧を保存することです。保管場所用に開いた品目マスタビューの一覧を取得するには、MARDテーブルを使用します。

ここで、項目LGORT SAPは、保管場所の一意のIDです。

SAPでストレージの場所を非アクティブ化する方法

SAPの保管場所を非活動化するには、SPROの保管保管場所を保管するに進みます。

そこで、保管場所が登録されているプラ​​ントを入力し、次の画面で、非アクティブ化する保管場所を選択し、プラントに割り当てられたSAP保管場所から取り除きます。

SAPストレージの場所定義

SAPではもちろんのこと、実地棚卸での保管場所は、在庫がプラント、特定の場所に保管されている場所です。

プラント内の異なるタイプの在庫を区別するために使用されます。

例えば、液体のための1つの保管場所、固体のための別の保管場所、すべてが同じ倉庫に保管されています。

これは、SAPが保管場所を定義する方法です。

SAPストレージロケーションtcode

トランザクションコードMMSCが一括して保管場所を入力し、

ストレージの場所をカスタマイズするためのtcode OX09、

保管場所MRPのトランザクションOMIR、

大容量記憶場所のメンテナンスのためのTコードMMSC_MASS。

S/4HANA SAP材料管理入門ビデオトレーニング





類似の記事

SAP MRPコントローラの定義(資材所要量計画)

SAP MRPコントローラの定義(資材所要量計画)

SAPのMRPコントローラ、品目所要量計画コントローラは、品目マスタの必須項目です。


コメント (0)

コメントを残す