SAP抽出予測パラメータ(MPOP構造)



SAP MPOP構造は実際のテーブルではなく、たとえばSE16Nを使用して直接アクセスすることはできません(図1)。

したがって、マテリアルマスタのMPOPデータを抽出する場合は、マテリアルマスタの予測ビューの情報を含むMAPR(図2)とPROP(図3)の複数のテーブルにアクセスする必要があります。 4)。

まず、MAPRテーブル(図5)のPlant / Materialに対応するPNUM1ポインタを探し、PROPのテーブルPNUM1フィールド(図6)でそれを使用する必要があります。

我々は最終的に、アクティブな予測パラメータを得るために、連続して割り当てられた最高の履歴番号、HSNUMパラメータを選択する必要があります。

SQVIでは、テーブル結合ビューを作成し、テーブルMAPRとPROPを追加して、MPOPデータを表示して抽出することは非常に簡単です。

これらのテーブルキーは、2つのテーブルMAPRとPROPをリンクするのに役立つ場合があります。

MAPR table - Material Index for Forecast (Fig 7)

PlantWERKS
MaterialMATNR
Pointer parametersPNUM1

PROP table - Forecast parameters (Fig 8)

Pointer parametersPNUM1
History numberHSNUM
VersionVERSP

PROPフィールドはMM03 Forecastingビュー(図4)にデフォルトで表示され、MPOPから来ます:

Number of periods required

PERANHistorical periods
ANZPRForecast periods
PERIOPeriods per season
PERINInitialization pds
FIMONFixed periods

Control data

KZINIInitialization
SIGGRTracking limit
MODAWModel selection
MODAVSelection procedure
KZPARParam.optimization
OPGRAOptimization level
GEWGRWeighting group
ALPHAAlpha factor
BETA1Beta factor
GAMMAGamma factor
DELTADelta factor
MPOP構造の詳細はオンラインで入手可能です[1]

SAPのSQVIを使用すると、テーブル結合を作成し、2つのテーブルMAPRとPROPを追加してから、テーブル結合を実行するだけで、SAP予測テーブルの内容を確認できます。

レイアウトは、Excelまたはテキストファイルとしてエクスポートしたり、印刷したりできます。

SAP MaterialMaster予測ビューテーブルの抽出

選択した項目が多すぎる場合は、現在のレイアウトを変更し、SAP Material Master予測ビューテーブル結合から表示する項目を選択することにより、現在のエクスポートレイアウトに表示される項目を変更することができます。

たとえば、会計年度バリアントよりも、予測下限および予測上限フィールドに関心がある場合があります。

レイアウトに表示する適切なフィールドを選択すると、SAP予測テーブルのデータ抽出を印刷して共有することも簡単になります。

S/4HANA SAP材料管理入門ビデオトレーニング





類似の記事

SAPで保存場所を作成する方法

SAPで保存場所を作成する方法

SAP SLOCとも呼ばれるSAPで新しい保存場所を作成するには、エンタープライズ構造>定義>在庫/購買管理>保管場所の更新で、カスタマイジングトランザクションSPROが出発点になります


コメント (2)

 2018-08-19  lupusbabex05F
正確に私が探していたもの、完璧なもの
 2018-08-19  slovenskaZ
Jag ska prova det nu, tack för att du delar

コメントを残す