ME47簡単な手順で購入するためのSAP見積作成

ME47簡単な手順で購入するためのSAP見積作成 [日本語]

SAP見積 explained

SAPの見積は、サプライヤーに送信された見積要求に従ってサプライヤーから見積を受け取った後、SAP MMモジュールのSAP発注書作成の一部として作成されます。

これは、可能な配達の条件を含むサプライヤから受け取った文書であり、同じ購買要求に対して競合他社からの他の同様の文書と比較できます。最適な価格、配送条件、またはその他の基準を持つ見積が選択されます。

調達ライフサイクル管理では、サプライヤからの見積の受信は、見積依頼を複数のサプライヤに送信した後、SAPシステムとAriba SAPの両方で運用調達プロセスおよびプラン購入支払プロセスの一部としてSAP発注書を作成する前に行われます。

その後、サプライヤが選択されると、最終的に価格比較リストを作成した後、購入注文を作成し、最終的には発生する商品配送に従ってSAP FICOでサプライヤ請求書を作成し、運用調達サイクルを終了できます。

SAPツリーでのSAP見積ロケーションの購入:ロジスティクス>資材管理>購買> RFQ /見積>見積> ME47-更新
ME47:SAP MMで見積を作成する方法
業務購買の調達ライフサイクル管理とは何ですか?
運用調達トレーニング

Create a SAP見積 from a 見積依頼

Create a SAP見積 by using the transaction ME47 in the SAP interface.

SAP見積のトランザクションコード:ME47

見積は、SAP見積管理トランザクションで、サプライヤに送信された見積RFQの特定の要求から取得する必要があるため、見積要求の番号を入力する必要があります。サプライヤは見積を送信することはできません。理由もなく。

SAPヘルプを使用するか、わかっている場合は単に番号を入力して、見積番号のリクエストを選択します。

SAP見積の更新

トランザクションのメイン画面に表示されると、対応する見積依頼で入力されたすべての行が表示されます。

サプライヤごとに異なる可能性があるため、品目テキストを更新することができます。もちろん、SAP見積の重要な情報であるSAPの最も重要な部分である数量、納期、正味価格引用。

ME47-見積の維持

配達スケジュールの更新

納入業者ごとに大きく異なる可能性がある、納入日程などの追加画面が利用可能です。

追加の画面にアクセスするには、SAP 750 GUIインターフェースのメニューの右側にある詳細オプションを使用するか、配信スケジュールにShift + F5などのキーボードショートカットを使用します。

納入日程画面では、異なるトラックによって異なる日に納入された複数のバッチなど、サプライヤの納入条件を反映することができます。

配達の詳細はすべて、配達日、予定数量、配達時間、統計関連配達日という異なる行に入力できます。

各アイテムには独自の配信スケジュールを設定できます。

その後、SAP見積トランザクションME47でデータを保存して、現在のSAP見積を終了します。

価格比較表

さらに進んで、対応する見積もり要求に答えて複数のSAP見積もりを受け取ったら、価格比較リストトランザクションを使用してそれらを比較することができます。

同じ購買依頼にリンクされた異なる見積は、その画面で簡単に相互に比較されます。

ME47 SAP tcode for –見積の作成

類似の記事


コメント (0)

コメントを残す

SAP PURトレーニング - 無料試用版のSAP S/4 HANAトレーニング
SAP PURトレーニング - 無料試用版のSAP S/4 HANAトレーニング
 
SAP PURトレーニング - 無料試用版のSAP S/4 HANAトレーニング
SAP PURトレーニング - 無料試用版のSAP S/4 HANAトレーニング