SAP会計データはまだ更新されていません



SAP会計データはまだ更新されていません for material

1つの解決策は、トランザクションMM50を開き、品目ビューを拡張し、会計管理の保全ステータスBを見つけることです。会計データが不足している品目の番号を入力して実行します。

会計ビューが欠落しているものを含めて、植物がリストされます。正しいプラントを選択して実行し、品目マスタ会計ビューに入ったら、項目を更新して対応するビューを登録し、問題を解決します。

品目に対して更新されていない会計データ

エラーメッセージM7090会計データがありません

入庫購買発注登録中に、購買品目に会計データがないために購買発注を保存できないことがあります。

その場合、品目に対してまだ更新されていないエラーメッセージ会計データが表示され、拡張診断は以下のようになります。

会計管理の観点からは、品目マスタデータはまだプラントで更新されていません。ただし、取引がポスターであるためには、マスタレコードがこのビューによって更新されている必要があります。

足りないアカウントビューを作成する

品目マスタに不足会計ビューを登録し、対応するSAP MMテーブルを更新し、購買発注の登録を続行するには、いくつかの方法があります。

トランザクションMM50拡張品目ビューを開き、対応する品目を検索し、ビューが不足しているプラ​​ントを選択してそれらを登録します。

SAP品目マスタtcode MM01を開き、品目を登録し、登録するビューを選択してそれらを更新し、品目を保存します。

品目マスタ登録トランザクションで、SAP品目マスタtcode MM01を使用して、この段階では品目番号を入力します。選択したプラントに対して登録するビューは後で行われます。

SAP品目マスタ会計ビュー

品目に対する品目マスタ登録のビュー選択で、品目登録を続行するために必要な会計ビューを選択します。

これで、会計ビューの登録に必要な基本情報を入力することが可能になりました。これは、品目の現地要件によって異なり、選択したプラントに関するものです。

記入する必要があるいくつかの重要な情報は次のとおりです。それらについての詳細は以下を参照してください。

部門

評価カテゴリ

SAP MMの評価クラス

SAP SD事業部

SAP SD Sales and deliveryで使用される部門は、会社を表すために使用される組織単位です。たとえば、同じ販売組織内にさまざまな事業があります。

この部門は、自社内の製品ラインを区別するために使用されます。たとえば、自動車やトラックを販売する会社では、自動車販売用に1つの部門、トラック販売用に1つの部門があります。

SAP部門テーブルはTSPA組織単位:営業部門です。

SAP部門のtcodeは、VOR2共同マスタデータ:部門、およびOVXA部門 >販売組織です。

SAP SD事業部
SAP部門テーブル
SAP部門のtcode(トランザクションコード)

SAPの評価カテゴリ

評価カテゴリは、部分在庫を区別するために使用されるコードです。

これは、調達タイプの値Bにすることができます。その場合、評価は、品目の製造、会社による製造か外部調達かによって異なります。

原産地の値Hは、在庫部門が納入元の原産地に基づくことを意味します。

評価タイプが定義されていない場合の値Xは、すべての入庫が個別に評価され、それぞれに対して新しいロットが設定されることを意味します。

他のコードは必要に応じてカスタマイズできます。

評価カテゴリテーブルはMBEWです。

評価カテゴリ
SAP評価カテゴリのtcode(トランザクションコード)

SAP評価クラス

SAPの評価クラスは、品目タイプに応じて勘定設定によって品目をグループ化します。

たとえば、あるクラスを原材料用に、別のクラスを付属品用に、そして別のクラスを完成品用に使用することができます。

SAPの評価クラステーブルは、評価クラスの場合はT025、評価クラスの説明の場合はT025Tです。

評価クラスを登録するためのトランザクションコードはOMSKです。

評価クラスの定義
SAP評価クラス tables
評価クラスを作成するためのT.code

ビデオでの非技術者向けSAP HANAの概要





類似の記事

SAPは価格エラーを解決する:必須条件MWSTがありません

SAPは価格エラーを解決する:必須条件MWSTがありません

価格設定エラーの必須条件MWSTが見つかりません SAPで受注を登録すると、価格設定エラーが発生する可能性があります。税コードが注文商品と顧客税の間で一致しないため、必須条件MWSTがありません。


コメント (0)

コメントを残す