SAP S/4HANA利益センター|テーブルCEPC



SAPの利益センタマスタデータテーブル

SAPの利益センタマスタデータテーブルはCEPCです。対応するテキスト(長)はテーブルCEPCTに保存されています。

以下の利益センタの定義、SAPテーブルビューアでSAP利益センタデータを格納するテーブルテーブルの内容を検索する場所、およびSAPで利益センタを登録する場所を参照してください。

SAP COの重要なSAP利益センタテーブル(EC-PCA)

SAP COでの利益センタの定義

利益センタは、内部統制を目的とした組織の管理志向の構造を反映した、会計上の組織単位です。

利益センターの意味:アカウントの利益報告組織単位

売上原価または期間会計アプローチを使用して、利益センタの業績を分析することができます。

固定資本も計算することで、利益センタを投資センタとして使用することができます。

SAP利益センターの表には、企業のさまざまなビジネスユニットの内部サービスなど、グループの利益を報告できる組織のさまざまな部分があります。

したがって、SAPの利益センターテーブルはレポート作成とシステム編成の中心点となり、SAP S4 HANAの利益センター会計は、財務コンサルタント、管理アナリスト、およびSAP FICOビジネスプロセスの中心的な関心点になります。

SAPライブラリ 利益センタマスタデータ

SAPで利益センタを登録する

SAPで利益センタを登録するには、SAPツリーで会計管理>管理>利益センタ会計>マスタデータ>利益センタ>個別処理> tcode KE51利益センタの登録にナビゲートします。

SAPで利益センタを登録するためのトランザクションコードはKE51利益センタ登録です。

SAP利益センタマスタデータテーブル

利益センタ会社コードテーブル:CEPC
  • CEPC-PRCTR、利益センタ:管理領域とともに利益センタを一意に識別するキー。
  • CEPC-DATBI、有効期限:エントリが有効になるまでの日付。
  • CEPC-KOKRS、管理領域:管理領域を一意に識別します。

管理領域は、管理会計における最上位の組織単位です。

  • CEPC-DATAB、有効開始日:エントリが有効である時点を示す日付。
  • CEPC-ERSDA、開始日:原価見積が作成された日付。
  • CEPC-USNAM、作成者:コスト見積もりを作成した人のユーザーID。
  • CEPC-MERKMAL、CO-PA特性のフィールド名:CO-PA特性のフィールド名。
  • CEPC-ABTEI、部署:この項目には、利益センタが属する部署の名前が含まれています。
  • CEPC-VERAK、利益センタ責任者:利益センタの責任者の名前。
  • 責任者CEPC-VERAK_USER:この項目には、利益センタの責任者のユーザIDを入力することができます。このユーザIDは、SAPユーザマスタレコードに保存されています。
  • CEPC-WAERS、通貨:システム内の金額の通貨キー。
  • CEPC-NPRCTR、後継者利益センタ:後任者利益センタ。
  • CEPC-LAND1、国コード:国コードには、郵便番号や銀行口座番号の長さなど、システムがエントリをチェックするために使用する情報が含まれています。
  • CEPC-ANRED、タイトル:顧客/ベンダーのタイトル。
  • CEPC-NAME1、名前1:顧客/ベンダーの住所の名前1。
  • CEPC-ORT01、市:住所の一部としての市の名前。
  • CEPC-ORT02、地区:都市名または地区の補足。
  • CEPC-STRAS、Street:住所の一部としての番地と番地。
  • CEPC-PFACH、私書箱:郵便局の箱。
  • CEPC-PSTLZ、郵便番号:このフィールドには、住居住所の住所(郵便番号)が含まれます(番地と市区町村)。
  • CEPC − PSTL2、P。ボックス郵便番号:P.O.を割り当てるために必要な郵便番号。ボックス。
  • CEPC-SPRAS、言語キー:言語キーは以下を示します。
  • テキストが表示される言語
  • あなたがテキストを入力する言語
  • システムがテキストを印刷する言語。
  • CEPC-TELBX、電話番号:電子メール用の電話番号。
  • CEPC-TELF1、電話番号1:プライマリ電話番号。
  • CEPC-TELF2、電話番号2:予備の電話番号。
  • CEPC-TELFX、ファックス番号:ビジネスパートナーのテレファックスマシンに到達できる番号。
  • CEPC-TELTX、Teletex番号:ビジネスパートナのTeletexマシンに到達できる番号
  • Teletexはテキストとデータの送信のためのサービスです。テレックスと比較すると、テレテキストメッセージの送信時間は短くなり、使用可能な文字の範囲は広くなります。
  • CEPC-TELX1、テレックス番号:テレックスマシンに到達できる番号。
  • CEPC-DATLT、データ回線:回線番号(電話回線)。この番号をダイヤルすると、別の場所にある別のコンピュータとのリンクを確立できます。
  • CEPC-DRNAM、プリンター名:利益センタのプリンター名。
  • CEPC-KHINR、階層領域:標準階層は、1つの管理領域内のすべての利益センタの組織を表示するツリー構造です。

標準階層の構造要素は、利益センタ領域と集計領域です。

利益センタ領域は、最上位ではないツリー構造の終点であり、標準階層を更新するときに利益センタ領域を割り当てることができます。

集計領域は、その下にある利益センタのデータを集計するために使用されますが、それ自体には利益センタは含まれていません。

定義上、管理領域の登録時に入力された利益センタ階層は常に標準階層と見なされます。

  • CEPC-BUKRS、会社コード:会社コードは財務会計内の組織単位です。
  • CEPC-VNAME、合弁会社:SAPシステムの合弁会社は、原価がパートナ間で分割されている原価対象の要約です。

合弁事業は通常、発生した費用の責任を負う運営当局によって主導されます。期間の終わりに、発生したすべてのコストが分割され、関係するパートナーに割り当てられます。

合弁事業は、運営当局とそのパートナーにとってコストをできるだけ低く抑えるために創設されました。これは、合弁事業の参加者に発生した費用を分配することによって達成されます。

  • CEPC-RECID、回収率指標:合弁事業に属するグローバル企業では、通常、発生した費用は回収率指標間で共有され、定期的な決済プログラムを使用してさまざまな方法で対処できます。

回復指標は3つの異なるレベルで定義できます。

  • 伝票タイプ
  • 貸方側と借方側の各伝票タイプに回復区分を割り当てることができます。これらの回復指標は内部回復指標であり、別のシステムテーブルに定義されています。
  • 原価要素(一次および二次)
  • 原価対象

合弁会社会計システムのいずれかのフィーダシステムに転記すると、3つのレベルすべてが定義された順序で評価されます。最初に見つかった回復指標は合弁事業会計システムに転送されます。

  • CEPC-ETYPE、持分タイプ:持分タイプ。
  • CEPC-TXJCD、税管轄:税管轄は、米国の税率を決定するために使用されます。それはあなたがあなたの税金を支払わなければならないどの税務当局に定義します。それは常に商品が供給される都市です。
  • CEPC-REGIO、地域:一部の国では、地域が住所の一部を形成しています。意味は国によって異なります。
  • CEPC-KVEWE、使用法:条件がどの区域に使用されるかを決定します(例えば、価格設定または出力)。
  • CEPC-KAPPL、アプリケーション:さまざまなアプリケーション領域(販売管理、購買管理など)で使用するための条件(価格設定など)の用途を細分化します。
  • CEPC-KALSM、手順:文書に許可される条件を指定し、それらが使用される順序を定義します。
  • CEPC-LOGSYSTEM、論理システム:統合アプリケーションが共通のデータベースで実行されているシステム。

システム間でデータを配信するには、ネットワーク内の各システムに固有のIDがあることが必要です。この目的のために論理システムが使用されます。

  • CEPC-LOCK_IND、ロック区分:ロック区分を使用して、転記のために利益センタをロックすることができます。ロックは選択した時間間隔にのみ適用されます。利益センタが転記を受け取るオブジェクトに割り当てられている場合、エラーメッセージが表示され、データは転記されません。
  • CEPC-PCA_TEMPLATE、PrCtrフォーミュラプランニングテンプレート:フォーミュラプランニングを使用してプラン値を見つけるために使用される機能を含みます。
  • CEPC-SEGMENT、セグメント:セグメント別報告セグメント。
  • CEPC-EEW_CEPC_PS_DUMMY、長さ1のダミー関数:長さ1のダミー関数。
  • CEPC名、名前:オブジェクトの一般的な説明。
  • CEPC ロングテキスト、ロングテキスト:参照先のオブジェクトを詳細に説明するテキスト。
  • マッチコードのCEPC-利益センタテキスト(短)、マッチコードの利益センタテキスト(短):マッチコード検索の検索語。
利益センタテーブル

SAP CEPCTの利益センターの説明表

SAPの利益センターの説明表:CEPCT

SAPの利益センタの説明テーブルは、利益センタマスタデータのCEPCTテキストテーブルであり、以下のフィールドが含まれています。

  • CEPCT-SPRAS:言語
  • CEPCT-PRCTR:SAP Profit Centerテーブルリンク
  • CEPCT-DATBI:現在まで有効
  • CEPCT-KOKRS:COエリア(管理エリア)
  • CEPCT-KTEXT:利益センターの説明名
  • CEPCT-LTEXT:利益センタテキスト(長)
  • CEPCT-MCTXT:利益センターの説明テキスト
Profit center description - SAP Q&A

ビデオでの非技術者向けSAP HANAの概要





類似の記事

SAPエラーの解決方法会社コードが存在しないか、または完全に更新されていません。

SAPエラーの解決方法会社コードが存在しないか、または完全に更新されていません。

エラーM3150が発生した場合、たとえばトランザクションMM01での品目登録時などに会社コードが存在しないか、または完全に更新されていません。根本的な原因は、会計期間が設定されていないことです。


コメント (1)

 2020-09-08  SAP Consultant
とても便利です。

コメントを残す