SAP OB52トランザクションを使用してFIORIで転記期間を開く方法



投稿期間とは何ですか?

転記期間とは、その範囲の日付のドキュメントを作成できる期間です。

伝票転記を許可する時間範囲に加えて、特定のSAP総勘定元帳勘定に対して転記期間が作成され、範囲ごとに選択することができます。 SAPS4HANAおよびSAPFIORIアプリでは、投稿期間を開いたり、投稿期間を閉じたりすることができます。

SAP FI-会計期間バリアント-チュートリアルポイント
期間の開始と終了の手順– MM FI CO | SAPブログ

FIORIでSAP OB52トランザクションを使用するには?

FIORIインターフェースを使用してSAPシステムにアクセスすることから始め、FIORIインターフェースの右上隅の検索フィールドの検索フィールドを使用して、FIORIのSAP OB52トランザクションを見つけることができます。

トランザクションに入ると、最初のステップは、転記期間の作業領域を選択することです。

システムに存在する転記期間バリアントのリストを開くことにより、使用する適切な作業領域を見つけることができます。

SAP FIORI OB52での転記期間の作成

新しいFIORIインターフェースのSAP OB52トランザクションで、SAPシステムに新しい転記期間を追加するために、新しいエントリボタンをクリックします。

変更ビューの転記期間からも可能です:間隔概要を指定して、SAP FIORIインターフェースですでに作成されている既存の転記期間を変更します。

新しい転記期間を作成するためのインターフェースは、変更のためのものと非常に似ています。必要な数の会計期間を入力し、重要な情報を指定します。

  • 転記期間バリアント、
  • 口座の種類、
  • 口座番号間隔開始、
  • 口座番号間隔終了、
  • 月から始まる投稿期間、
  • 年から始まる投稿期間、
  • 投稿期間の終了月、
  • 会計期間の終了年。

保存ボタンをクリックして、投稿期間の作成を完了します。

新しい転記期間を開くことはSAPシステムのカスタマイズ操作であるため、入力した情報を保存するために、カスタマイズ要求プロンプトが表示されます。

投稿期間が正常に作成された場合、情報メッセージが表示されます。

許可された投稿期間エラーメッセージ

仕入先請求書を作成し、それを特定の期間に転記しようとすると、「許可された転記期間01 2019」というエラーメッセージが表示されることがあります。

診断:投稿日が許可された投稿期間のいずれかにありません。これは、次の2つの理由のいずれかが原因である可能性があります。

このようなエラーを解決するには、上記のガイドに従ってSAP OB52トランザクションに移動し、必要に応じて転記期間を終了し、不足している必要な転記期間を作成します。

ビデオでの非技術者向けSAP HANAの概要





類似の記事

SAP FICOで会社に会社コードを割り当てます。

SAP FICOで会社に会社コードを割り当てます。

会社コードと会社がSPROで定義されたら、SAPカスタマイジング>企業構造>財務会計>会社への会社コードの割当で会社コードを会社に割り当てることができます。


コメント (0)

コメントを残す