3つの簡単なステップでSAP GUI 750にサーバーを追加する



SAPサーバー in SAP GUI 750

SAPアプリケーションサーバーにアクセスし、SAP GUIまたはFIORIインターフェイスを使用するには、最初のステップとして、SAPログオン750のダウンロードに進み、対応するSAP 750のインストールを続行してから、1つ以上のSAPアプリケーションサーバーを手動で次のように構成します。以下で説明するか、既存のSAP LOGONサーバーリストを使用して、最後にインターフェースをパーソナライズします。たとえば、SAP言語を変更したりSAPテーマを変更したりします。

手順は、SAP740でサーバーを追加するのと非常によく似ています。

構成する各SAPサーバーは、接続するSAPの異なるインスタンスを表します。通常、それぞれは、開発、ビジネス検証、本番などの異なる環境を表し、会社のビジネスユニットごとに異なります。

すべてのSAPアプリケーションサーバーには、独自のデータベース、データセット、およびカスタマイズされたプログラムがあります。それらは複製して各SAPサーバーに存在することも、すべてのサーバーで異なることもできます。

SAPGUIインターフェースに表示されるSAPLOGONサーバーリストに新しい接続を手動で追加する方法については、以下を参照してください。

1- SAP GUIで新しい接続を追加する

最初の手順は、新しいアイテムボタンをクリックするか、新しいアイテムがグレーアウトされている場合は変数ログオンボタンをクリックして、SAP GUIに新しい接続を追加することです。

その後、SAPアプリケーションサーバーの詳細が手動で入力されるため、ユーザー指定のシステムを選択します。

2-カスタムSAPアプリケーションサーバーの詳細を入力します

システム接続パラメーターは、対応するフィールドに入力する必要があり、すべて必要です。

  • 説明、リスト内のこの特定のサーバーを認識するのに役立つテキスト、
  • アプリケーションサーバー、システム管理者が提供する必要のあるサーバー名、
  • 1つのSAPシステムは異なるインスタンスを持つことができるため、インスタンス番号、2桁の数字、
  • システムID、SAPインストールの一意の識別コード、
  • ホスト間の接続を表すSAPRouter文字列。

次の画面は通常、変更する必要はありません。SAPSecure Network Communicationsパラメーター(存在する場合)などの安全なネットワーク設定と、遅いインターネット接続でのネットワークトラフィックを削減するための最終的なネットワーク設定を要求するためです。

最後に、SAPアプリケーションサーバー作成手順の最後の画面で、SAP言語を変更する場合に備えて言語と、ローカル構成によっては重要な文字エンコードを要求します。

3- SAPアプリケーションサーバーに接続する

これらの手順を実行すると、SAPアプリケーションサーバーがSAP LOGONサーバーリストに追加され、SAP 750 GUIインターフェイスサーバーリストに表示されます。

サーバーリストエントリの作成中に間違えた場合は、それを右クリックして、プロパティオプションを選択します。

プロパティでは、インストール中の画面と同様の画面にアクセスでき、SAPサーバーの任意のプロパティを変更できます。

SAPアプリケーションサーバーが正しい場合は、SAPログオンサーバーリストのエントリをダブルクリックして、SAP 750 GUIインターフェイスを開き、アプリケーションサーバーにログオンします。

ビデオでの非技術者向けSAP HANAの概要





類似の記事

2つの簡単なステップでSAP NetWeaverログオン言語を変更する

2つの簡単なステップでSAP NetWeaverログオン言語を変更する

SAP Netweaverログオン言語の変更は、使用しているバージョンに関係なく、SAPログオンウィンドウで直接行うことができます。以下の完全な例を参照して、SAP Logon 750のSAP言語を変更してください。これは、SAP 750のインストールが完了した後に直接実行できます。


コメント (0)

コメントを残す