SAPでサプライヤーの請求書を作成するにはどうすればよいですか? SAPFIORIのFB60



SAPサプライヤ請求書作成プロセス

SAPサプライヤ請求書の作成は、SAP FIORIインターフェイスでの簡単なプロセスであり、同じ名前の専用トランザクションがあります。サプライヤ請求書を作成します。 SAPサプライヤの請求書は、SAP発注書を参照するか、必要なラインアイテムを追加するだけで作成できます。サプライヤ請求書の作成に使用されるSAPトランザクションはFB60です。

仕入先請求書の作成-SAPヘルプポータル
SAPのFB60:購入請求書の投稿方法– Guru99

一般情報の入力

SAPシステムのFIORIインターフェースから「仕入先請求書の作成」トランザクションを開くことから始めます。

同じユーザーが同じシステム上で請求書をすでに作成している場合、システムは以前の情報を再利用することを提案します。したがって、同じ情報を何度も入力する必要がなくなります。

SAPサプライヤ請求書の作成に必要な一般情報は次のとおりです。

  • 検索フォームを使用して選択できる会社コード、
  • 総請求額は、対応する元帳でバランスを取る必要があります。
  • 請求書の日付(デフォルトでは現在の日付)
  • デフォルトでは現在の日付である投稿日
  • フリーテキストフィールドであり、後で請求書を取得するために使用される参照
  • 請求書発行パーティー。

これらすべての基本情報がFIORIインターフェースに入力されたら、他のタブで続行できます。

発注書参照

サプライヤ請求書が1つ以上の発注書を参照している場合、システムで適切なSAP発注書を見つけることにより、対応するタブにそれらを入力できます。

G / L勘定科目タブ

重要なステップは、正しい総勘定元帳勘定に費やされた金額を入力することにより、請求書のバランスを取ることです。

サプライヤ請求書の各明細は、総勘定元帳勘定明細の対応する金額で入力する必要があります。

SAPサプライヤの請求書金額全体の残高が調整されると、FIORIインターフェースの左上隅の請求書残高が緑色に変わり、請求書が財務的に残高調整されたことを示します。

税タブと支払タブ

[税]タブでは、必要に応じて、仕入先請求書に関連するいくつかの税固有の情報を追加できます。

[支払い]タブでは、遅延が許可されている場合の支払い条件や支払いの期日など、追加の支払い情報を入力できます。

予定外の配送費用タブと添付ファイル

サプライヤと請求書について話し合い、作成する際に予見されなかった配送に関連する追加費用が発生した場合は、これらの費用をアップグレードされた配送費用タブに入力することができます。

正しい情報をより適切に保存するために、サプライヤの請求書にドキュメントとURLを追加できます。

仕入先請求書の作成に関連するエラー

許可された投稿期間の問題を受け取った場合は、許可された投稿期間の問題を解決する方法に関する完全なガイドを参照してください。

転記は前会計年度情報メッセージで行われるため、これによりSAPサプライヤ請求書の登録が妨げられることはありません。ただし、転記を許可するには会計年度が開いている必要があります。

ビデオでの基本的な仕入先請求書管理管理





類似の記事

SAPは価格エラーを解決する:必須条件MWSTがありません

SAPは価格エラーを解決する:必須条件MWSTがありません

価格設定エラーの必須条件MWSTが見つかりません SAPで受注を登録すると、価格設定エラーが発生する可能性があります。税コードが注文商品と顧客税の間で一致しないため、必須条件MWSTがありません。


コメント (0)

コメントを残す